ローンがあっても即日2万借りる方法

ローンがあっても即日2万借りる方法

他社借入がある場合は2万借りられる?

他社から借入がある場合でも、条件をクリアすれば2万を借りることができます。利用するローンはキャッシングまたはフリーローンのいずれかになるはずです。借入先はほとんどの方が消費者金融を選び、残りの人たちは銀行や信金などを利用されています。消費者金融や信販会社などのノンバンクから借りる場合については、総量規制について知っておく必要があるでしょう。他社の融資も含めて借入総額は年収の3分の1以内とする法律です。例えば年収150万ならば、借りられる金額は最高50万となります。こうして見ると2万という金額のハードルは低いですが、他社の借入分ですでに総量規制の満額に達していればそれ以上は借りることができません。

ノンバンクから借りられない場合は、銀行や信金などから借りることになるでしょう。これらの金融機関はノンバンクとは異なり、総量規制による制限はありません。すでに他社から年収の3分の1を借入していても、融資してもらえる可能性があります。2万という希望額は平均的な申込額よりも少なく、よほどの事情がなければ即日で借りることができるでしょう。ただし、過去に何度も延滞している方は個人信用情報機関にブラック履歴が残されている可能性があり、借りられないことがあります。また債務整理をした場合は最低5年間は借りられないので、5年以上経過してから申し込むようにしてください。

融資を受ける場合には信用力をチェックされますが、これは年収・職業・勤続年数だけで決まるものではありません。過去・現在の借入状況、延滞の有無、他社借入総額・件数なども調べられます。原則として50万より少ない金額で申込する場合は収入証明は不要ですが、身分証明に関しては2万の場合も必要となります。身分証明は個人情報としての役割もあるため、住所の有無を確かめるという意味もあるのです。嘘をついて審査を受ける方は少なからずいるため、昔と比べて借入するのが難しくなっているのは事実です。嘘をついて借入できればラッキーと考える方もいるでしょうが、ほとんどの場合においてバレてしまいます。

仮に嘘が通用したとしても、後からバレないという保証はありません。リスクを抱えて利用するくらいなら、最初から嘘偽りのない事実で申込したほうがよいでしょう。現在の借入状況というのは、今後に融資商品を利用する場合も審査対象とみなされるのです。信用を確立するのは時間がかかりますが、失うのは一瞬なのです。

 

他社融資を一本化する方法も検討

他社からお金を借入している以上、借入なしの場合よりも審査が難しくなるのは間違いありません。他社のローンがあっても即日で2万借りたいという状況なら、他社の借入を一本化する方法も検討してみましょう。例えば、他社から20万の借入があり、新たに2万を借りたい状況なら22万円として申込するのです。そして他社借入分を一括返済し、借入先を一本にしてしまうのです。ただし、この場合はおまとめ融資に対応しているか調べておく必要があります。おまとめ不可の融資もありますから、WEBサイトの商品概要を見ておきましょう。キャッシングなどは多目的融資であり、消費全般を目的として借りることができます。

おまとめの場合は消費とは判断されないことがあるため、融資対象外とする金融機関もあるのです。おまとめは不可などと記載されていなければ、一本化を目的に借りることもできます。一本化においては今までよりも低金利の融資を探す必要があるので、借入先として銀行をおすすめします。銀行融資は消費者金融よりもかなり金利が低く抑えられているのです。低金利の銀行だと消費者金融より5%も低利率を設定しているところもあります。低金利の融資があるなら、積極的に乗り換えていくことも必要でしょう。金利が下げることで利息も下がるので、返済するのが今より楽になります。

ただし、毎月の返済が楽になっても、安易に追加融資を受けるのは避けるべきです。年率が低くてもたくさん借りてしまえば、結局は支払うべき利息が増えてしまいます。キャッシングは上限30万くらいまでなら、問題なく借りられると言われています。最初は10万からスタートすることも多いですが、信用を確立することで限度額の見直しが行われるのです。2万円を即日で借りることは難しくはありませんが、短期間のうちに他社に申し込みをしている場合は借入できない可能性もあります。

短期間のうちに複数社に申し込みするのは、金融機関としてはあまり好ましく思っていないのです。そのため新しく借入する場合は、他社契約から半年くらいは期間をあけたほうがよいでしょう。たとえ2万とは言っても、お金を借りることに違いはありません。金融機関に利用者の返済能力に見合った金額しか融資してくれないので、むやみに高額な借入は避けることです。他社の借入分も考慮して、状況によっては他社借入をある程度返済してから申し込みしたほうがいい場合もあるでしょう。